BEAUTIFUL FOREVER. ueno dental office.
院長の部屋

TOPページへもどる

2011年4月アーカイブ

2011年4月22日 Posted by at AM 10:50 | Comments [0]

子供達も学年が上がるにつれて、

それぞれに、予定があって、忙しくなり、

以前みたいに、日曜日はパパがお仕事お休みだから、

「皆で一緒に行動!」っていかなくなりました・・・

ちょっと、寂しい気もします・・・

髪を切るのでさえ、一緒に行けませんでした・・・

二人とも髪が伸び放題で、「髪が目に入って痛い!!」

いよいよ限界ってとこで・・・


「そーだ、今は、家庭訪問の時期だから、

学校は早く終わるし、パパも午後からお休みだし~」


てなわけで、久しぶりに3人でお出掛け!

2人はすっきりモード!

パパは、この間1人でカットに来たから、

全くそのつもりではなかったのですが、

お店の人に、誘われるがままに、

何故か、カットが始まり・・・

終わってみれば、子供達よりも短くなっていました!!


「ちょっと短かったですか?」

「いや~、気にしない気にしない・・・」

「そのうち、伸びるから・・・」

「でも、少し、短かったかな~」と、1人つぶやいていました・・・




2011年4月 9日 Posted by at PM 04:02 | Comments [0]

最初は、食べ物の傷から、上顎から喉にかけての口内炎だったのに・・・

先週の土曜日くらいから痛くなってきて、

ま、時間が経てば治るサ!なんて思っていたのですが・・・

知らないうちにストレスで、免疫力が落ちていたのでしょう・・・ネ?

日曜からは、全く、飲み食い出来ない状態に・・・

痛くて、喋るのもやっとのこと・・・

抗生剤を飲んで、痛み止めを飲んでも効かないけど、

痛みに汗しながら、必死に耐えました。

木曜までは・・・

飲まず食わずでしたので、体重も4キロほど減って、

もう限界を越えましたので、

先輩でもあり、このページのリンクでもおなじみの「ヒコクリニック」に

病院を閉めて、駆け込みました!

先輩曰く、「顔面麻痺が出てなくて、不幸中の幸いよ!!

でも、麻痺が出ても先生はマスクするからいいか!」・・・と・・・

いやいや、そんな問題では・・・


とりあえず、点滴と、飲み薬を処方してもらい帰って来ました。

昨日からは、何とか、痛みに耐えられるようになり、

今日は、痛みもかなり減り、お粥くらいは、痛いけど食べれるようになりました。

栄養のバランスなんて、ありませんでしたから、

%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%8A.JPG

この「グルセルナ」に頼っています。

今は体調も、すこぶる快調です。


帯状疱疹は、一生に一度は、誰でも罹る可能性はあります。(水疱瘡に罹っていれ

ば!)

皆さんは、おかしいと思ったら、早めの受診を!!

くれぐれも、私のように、一週間も放ったらかしにすると、

取り返しの付かないことになりますよ!

ご注意下さいネ!!

予防はといえば、ストレスフリーで体調を整え、

免疫力を低下させないことぐらいかな・・・?




ウエノ歯科facecbook

【 September 2018 】
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
天然強酸性水「アクア・プリーマ」 くまなんヒコクリニック・メディカルスパメイビー 熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所 レクサスのことならレクサス熊本東 桜庵 熊本ホテルキャッスル セコムホームセキュリティー 断り切れなくて・・・
口内炎が引き金で帯状疱疹に・・・
2018年8月 [15]
2018年7月 [31]
2018年6月 [30]
2018年5月 [31]
2018年4月 [31]
2018年3月 [31]
2018年2月 [28]
2018年1月 [30]
2017年12月 [31]
2017年11月 [30]
2017年10月 [31]
2017年9月 [30]
2017年8月 [31]
2017年7月 [31]
2017年6月 [30]
2017年5月 [31]
2017年4月 [30]
2017年3月 [31]
2017年2月 [28]
2017年1月 [31]
2016年12月 [31]
2016年11月 [30]
2016年10月 [31]
2016年9月 [30]
2016年8月 [31]
2016年7月 [31]
2016年6月 [30]
2016年5月 [31]
2016年4月 [31]
2016年3月 [31]
2016年2月 [29]
2016年1月 [31]
2015年12月 [2]
2014年7月 [2]
2014年6月 [1]
2014年4月 [1]
2014年2月 [1]
2014年1月 [1]
2013年12月 [1]
2013年11月 [4]
2013年10月 [3]
2013年8月 [2]
2013年7月 [1]
2013年6月 [1]
2013年5月 [1]
2013年4月 [4]
2013年1月 [5]
2012年12月 [9]
2012年11月 [7]
2012年10月 [31]
2012年9月 [30]
2012年8月 [31]
2012年7月 [31]
2012年6月 [30]
2012年5月 [31]
2012年4月 [30]
2012年3月 [31]
2012年2月 [29]
2012年1月 [31]
2011年12月 [31]
2011年11月 [30]
2011年10月 [31]
2011年9月 [30]
2011年8月 [31]
2011年7月 [31]
2011年6月 [31]
2011年5月 [31]
2011年4月 [2]
2011年3月 [2]
2011年1月 [2]
2010年12月 [1]
2010年11月 [5]
2010年10月 [14]